結婚線と手相占い TOP > あまり良くない結婚線 > ひし形が現れたら

ひし形が現れたら

結婚線とは、小指の付け根と、感情線という線の間にある線で、結婚のおおまかな時期を表すといわれています。

手相は、その状態によっていろいろな意味を表します。また他の手相との位置関係や状態によっても意味が違ってきます。そのため、たとえば友達の結婚線と同じ位置に結婚線があったとしても、結果はまた違うということがあるでしょう。

結婚線の色々な形状の中に、ひし形をしているものがあります。結婚線にひし形が出ている場合の、表す意味をお話しましょう。そのひし形が右手と左手のどちらに現れているのかでも、意味は違ってきます。

右手の場合は現在の状況を表します。右手の結婚線にひし形が現れている場合は、既婚者であるならば、夫婦のトラブルに注意しましょう。

些細なケンカやすれ違い、また育児の問題、浮気や嫁姑の問題、身内や親族間でのトラブルがあるかも知れません。それが元となって、夫婦が冷戦状態になることを示しています。

離婚するほどの深刻な状態になるかどうかは、そのトラブルをどう回避するか、またどう解決するかによって変わるでしょう。

通常は、ひし形が現れたからといって即離婚、などということはありません。

未婚者の場合も、同じく些細なケンカや浮気、二股など恋愛のもつれにより、パートナーと離れ離れになってしまう状態を表しています。

破局にはならず、そのうちまた元のサヤにおさまる暗示がありますが、結果がどうなるかはやはり自分達次第です。

既婚者の場合は特に、本人同士は仲がよくても、嫁姑問題や育児の意見の食い違いなどで、思わぬ亀裂が入ったりするものです。

いずれにしても、普段からよくコミュニケーションをしておく、話し合っておくことが大切なようですね。

関連記事

記事カテゴリ