結婚線と手相占い TOP > あまり良くない結婚線 > 別居の相が現れる

別居の相が現れる

結婚線とは、小指の根元と、感情線の間にある線です。

基本はだいたいの結婚の時期を予測するものとされていますが、結婚線の形状によってはいろいろな意味を含みます。

その中に別居の手相というものもあります。どんな手相が別居の相なのでしょうね。

結婚線の先端が2本に分かれている手相がそれです。別居に至る理由はさまざまでしょうが、最終的には別居することになるようです。

お互いの仕事によるものなのか、不仲によるものなのか、はたまた他の理由かは、手相のほかの線を見てみないと判断できませんが、別居の相が出ているということには変わりありませんね。

たとえ夫婦で一緒に住んでいても、お互いの気持ちが離れてしまっている場合にも、この線は出てきます。

最近では、別居や離婚も珍しいものではありませんが、やはり結婚したのなら一緒に幸せに暮らしていきたいですよね。

もし自分やパートナーの手相に、このような線が現れていた場合は注意が必要です。

手相とは変わるものです。お互いの努力しだいで、良い方向に変えていくこともできます。そんな線が現れてきた場合は、相手をいたわるということを思い出してみましょう。

自分がされたら嫌なことをしたり、言われたら嫌なことを言ったりしていないかどうか。そして、些細なことでも、2人で会話するということが大切ですよね。

今日あった楽しかったことなど、普段から話をすることが良いでしょうね。

関連記事

記事カテゴリ