結婚線と手相占い TOP > 結婚線いろいろ > ふた股に分かれている

ふた股に分かれている

手相占いには色々ありますが、その中に結婚線というのがあります。

その人が結婚するだいたいの時期や、結婚生活についての運勢を調べることができるのだとか。

結婚線には、いろいろな形や長さのものがあります。手相はみんなそうですが、人によってそれぞれ違うんですよね。線の形状や長さによって、表わされる意味が違います。

ここでは結婚線が二股に分かれている場合についてまとめてみました。

ひと口で二股といっても、『どこから?』と思ってしまいますよね。
ここでいう二股の結婚線とは、結婚線の始まりの部分から二股になっている場合をいいます。

この始まりが二股になっている結婚線が表す運勢は、恋愛をしている時期にさまざまな障害があり、なかなか結婚には至らないというパターン。

でもその障害は、パートナーとの努力の末に必ず乗り越えることができるもの。そしていずれは結婚することができるというものです。

結婚前には、色々と事情ができて、離れて暮らさなくてはならない、なんてこともあるかも。

しかし、最後には結婚することができますから、希望を持ちましょうね。

もし、自分にこんな結婚線があったら、どんなに苦しい立場におかれても、必ず結ばれるということです。幸せな未来に向って、パートナーと協力しあいましょうね。

大事に愛を育てながら、粘り強く、時期を待つことが大切。

どんな障害が生じるかは人それぞれでしょう。それが例えば距離なのか、家族の反対なのか、経済的な理由なのかは分かりませんよね。でもとにかく、最後には結婚できるのですから、待つことです。

ただし、手相は変わるものでもあります。次に見たときには結婚線が変化し、違った形になっているかもしれません。

いずれにしても、自分とパートナーの結婚の意志が変わらないなら、心配することはありません。

きっとふさわしい時期がくれば、幸せな結果になりますよ。

関連記事

記事カテゴリ