結婚線と手相占い TOP > 結婚線いろいろ > 結婚線が3本ある

結婚線が3本ある

手相は、基本的には両手の手相で判断します。しかし慣れていない人が手相を見ようとする場合、両方を見るのはなかなか難しいので、どちらか片方の手で見るようにするといいでしょうね。

一般に左手は先天的運勢、右手は後天的運勢が現れるといわれています。自分で見る場合は、右手を見るのが理想的でしょう。

さて、ここでは複数本の結婚線についてまとめてみましょうか。

似たような3本の結婚線がある場合。

結婚線が2本あった場合は、2度結婚するといわれています。それでは結婚線が3本あると、3度結婚するのかと思ってしまいますが、実はそうではないようです。

3本の結婚線の持ち主は、とても異性からモテる人なのだそうです。

この結婚線の持ち主は常に恋人がいる状態であることが多いでしょう。もし恋人と別れてしまっても、すぐに新しい相手とめぐり合います。

とぎれることなく恋をしているのですね。

場合によっては、同時に複数の人と交際しているなんてことも。

しかし、モテる為に悩むことも多く、いざ結婚するとなると、1人の相手を選べないという事態に陥りやすいでしょう。

そのため結局、結婚の時期が非常に遅れてしまう傾向があるのです。

そして、結婚後も他の異性に目移りしやすいでしょう。浮気するかどうかは分かりませんが、誘惑が多いのは確か。

特に男性の場合、この3本の結婚線を持っていたら、必ずといっていいほど浮気をしてしまうでしょう。

自分のパートナーのの手相を一度、見てみては?もし3本結婚線があったら、要注意ですよ。

関連記事

記事カテゴリ