結婚線と手相占い TOP > 結婚線いろいろ > 手相占いでいう結婚線

手相占いでいう結婚線

結婚線とは、手相占いにおいて、結婚生活がどのような状態か、近い将来どうなるかを示すものです。

手相から詳しい結婚時期などを調べるのは実は難しいのですが、ある程度の結婚時期を予測する事ならできます。

結婚線とは、小指の根元と感情線の間にある線のことです。それが感情線側に近いなら結婚時期が早く、小指側に近いなら遅い時期の結婚ということです。若いうちに結婚するのか、晩婚の傾向があるのかは、これでわかりますね。

横にまっすぐ延びている結婚線は、正常な結婚生活ができる、ということを示しています。

結婚線が感情線にくっついてしまうと、夫婦仲がかなり悪化することを示します。離婚の恐れがあるでしょう。

結婚線の先が2本に分かれると、パートナーとの肉体関係が少なくなることを示します。
つまり単身赴任や、セックスレスといった状態になるということですね。

結婚線の元が2本で、だんだん1本に繋がっていく手相は、結婚に対して身内からの反対など障害にあい、スムーズに結婚できないという状況を示します。

しかし最終的には状況が改善され、無事結婚にいたるということです。

また、結婚線の先が上を向いていると、良い結婚生活であることを示します。反対に下向きだと悪い結婚であることを示します。

結婚線の末端に×のような印がある場合は、結婚生活の障害を示します。この印が小さいものであっても、結婚生活には多大な障害が起きるでしょう。

結婚線が長く伸び、太陽線へ繋がる場合、結婚することによって社会的優位な立場になることを示します。

結婚線の末端が上向きに伸び、太陽線とつながる場合は、さらに社会的地位の高い強力なパートナーと結ばれる、ということを示しています。

あなたの手相はいかがですか?

関連記事

記事カテゴリ