結婚線と手相占い TOP > 結婚線いろいろ > 結婚線が強くても、婚姻届を出すかどうかはわからない

結婚線が強くても、婚姻届を出すかどうかはわからない

結婚線とは、小指の付け根と感情線という線の間にある線のこと。一般に結婚の時期を現すものだと思われているようですが、それだけでもありません。

結婚線の強弱は、パートナーへの恋愛感情の大きさを現しています。その結婚線が長く、太いものになっていたら、恋愛が成就する可能性が強まるということ。最終的に結婚するという見立てになります。

しかし、たとえ結婚線が太くしっかりしたものでも、必ず結婚に至るかどうかは、実は分かりません。

人生の伴侶を持つ運を表し、真剣な愛情であるけれども婚姻せず同棲する事実婚を選ぶ場合もありますし、不倫の場合もありえます。

結婚線は恋愛を示すので、結婚線がない時期は、恋愛も実らないということになります。

結婚線が立派なものならば、恋愛から結婚に至る可能性はかなり高いというわけです。その結婚が幸せなものかどうかは、結婚線の形状に現れます。

結婚は2人でするもの。パートナーの結婚線によっても違うのです。よりハッキリとしている方が優先されます。

手相は変わるもの。

2人の行動、状況によって手相はどんどん変わります。それが良い方向にもなることもありますし、逆に悪い方向にいくこともあるでしょう。

悪い暗示の手相になってきた場合は、良くなるように努力することが必要ですし、良いことを示す手相の場合は、それで安心してしまわないことが大切。その良い状態を保てるように、また努力が必要です。

努力のない、幸せな結婚生活はありえないということですね。

関連記事

記事カテゴリ