結婚線と手相占い TOP > 結婚線いろいろ > 手相に現れること

手相に現れること

手相は、基本的に両手を見て占います。左手と右手の手相の違いや、線の太さ、長さなどを見ます。手の甲側は、未来の運勢を現しています。

甲側の左手の中指の根本周辺の色がとても大切。この場所の色が明るいと、その1年間の運勢は明るいものとなるでしょう。

その場所と、手首の間の色にも運勢は現れます。

運勢が下がっていく時は、右手の甲の方がくすんだ色になります。

左右の手の色が大幅に違う人は、大病の前触れ。左右の血液の流れがアンバランスになっている可能性があります。休養するのが一番いい方法です。

余談ですが、お金が逃げていく手相というものもあります。

薬指と中指の間に、縦の線が入っている手相がそれです。これはまさにお金が逃げていく手相。お金が貯められない手相です。

自分の好きなものにお金を使う、幸せといえば幸せな手相でもあります。ギャンブルやお洒落、趣味などに浪費しがちでしょう。

この線がある人は、金運がないわけではありません。浪費できるお金が入ってくるのですからね。恵まれているのに、自分で浪費しているということです。

少し自粛しないといずれこの線は消え失せてしまいます。そうなると使えるお金が入ってこなくなり、困窮するかもしれません。

無駄遣いには注意しましょうね。

本人は必要だと思って浪費している場合もあります。それだと改まらないので、いつまでたってもお金は貯まりません。

欲しくても我慢することも、覚える必要がありますね。

関連記事

記事カテゴリ