結婚線と手相占い TOP > 結婚線いろいろ > 結婚時期が遠い

結婚時期が遠い

結婚線とは、手相占いにおいて結婚のおおまかな時期を推測するものです。ここでは結婚がまだ先だというのが現れている手相について、お話しましょう。

結婚線は、小指の付け根と感情線の間にある線のことです。この線に、縦の線がたくさん入っていて、格子のようになっている手相があります。

これはまだ、心から結婚したいと思う相手に出会っていない、もしくは自分自身が結婚することを願っていないということを表しています。

近々結婚相手が見つかるというときは、縦線が薄くなったり、消えてきたりします。手相は、その人の行動によっても変わっていくもの。

自分自身が結婚したいと願い、相手を探す努力をし始めた時には、手相も変わってきます。また、自然に結婚したい相手と出会う場合もあります。その場合も、この線は薄くなってきます。

最近では、最初の結婚をする年齢が上がってきていますね。

そんな中でも、やはり結婚生活を送ってみたいと思う方は少なくないでしょう。年齢が上がってきているとはいえ、20代も後半になるとやはり結婚を意識するものです。

「仕事が忙しくて、とても結婚して家庭を持つなんて考えられない。日々の雑多なことを、どうやって片付けていくのか」と考えている方も多いでしょう。

それでも、たいていの人にはある日突然その日がやってくるものです。

結婚した方が結婚前の自分と結婚後の自分を比べても、正反対とはいわないまでも「けっこう変わったなぁ」と思うことも多くあるでしょう。

手相は変わるものですから、すべてを予測することはできませんが、自分が迷ったり悩んだりする時に「今はこういう時期なんだ」と納得するのにも有効な手段です。

誰しもそれにふさわしい時期、ふさわしくない時期というのがあるもの。より良い時期を知り、幸せな結婚生活がおくれるようにしたいものです。

関連記事

記事カテゴリ