結婚線と手相占い TOP > 結婚線いろいろ > 結婚線が2本ある

結婚線が2本ある

結婚線は、小指の根元と感情線の間にある線のこと。1本の場合は、とても一途に恋愛をし、初恋の相手と結婚することも多いようですね。

では、結婚線が2本ある場合は、どういうことになるのでしょうか。

はっきりとわかる結婚線が2本ある、という場合です。この手相の持ち主は、たいてい2度結婚するとされています。

理由については人それぞれです。詳しくは他の手相と合わせてみないとわかりませんが、結果的に2度結婚することになるようですね。

特に1度目の結婚が早かった場合は、2度結婚する可能性が非常に高いとされています。そして、2度目の結婚の方が、幸せになることが多いようです。

ただ、2本の結婚線のうちの片方が、もう片方と比べてあきらかに短かい、あるいは薄いという場合は、濃い線のほうが結婚について表しているといえるでしょう。

短いもしくは薄い方の結婚線は、恋愛はしたけれどその相手とは結婚しなかった、という意味になるようです。

なかには、2本でなく何本もはっきりとした結婚線があるという方がいます。この場合、本数と同じ数だけ結婚するという意味ではありません。

結婚線は恋愛に関係することを表す線なので、恋愛経験が豊富になるとか、色々な人と分かり合えるとかいう意味合いもあります。

また逆に、結婚線がまったくないからといって、一生結婚しないともいえません。手相は変わるものですし、両方の手相で意味が違うものです。なかには本人が恋愛だったと思っていても実は違っていた、などということもあります。

今までの人生、そしてこれからの人生を予測し、トラブルを回避するためにこそ、手相占いは役立てたいですね。

関連記事

記事カテゴリ