結婚線と手相占い TOP > 結婚線いろいろ > 結婚線が1本なら

結婚線が1本なら

結婚線には、いろいろな意味が現れています。ここでは結婚線の本数に関してお話してみましょう

まず結婚線が1本の場合。

これはいったいどういう意味なのでしょうか。1本の結婚線の持ち主は、恋に一途な人です。1人の人に愛をささげ、一度好きになったらどんなことがあっても、なかなか心変わりしません。初めてお付き合いをした相手と、そのまま結婚するというケースが多いようです。

もし、好きな人と別れてしまった場合は、それが生き別れであろうと死に別れであろうと、その人をずっと忘れられずに独身を通す、という場合もあります。

しかし、結婚運自体はは良いのです。結婚線上によほどの悪い相が出ないかぎり、結婚生活は、良いものになるでしょう。

面白いことに、最近ではこの1本だけの結婚線を持つ人は少なくなっているようです。

2~3本か、それ以上あるのが一般的になっているのだとか。一途な人が少なくなってきているのでしょうね。同じ存在感の結婚線が2本あるなら、2回結婚するという意味合いがあるそうです。

既婚者がこれを聞くと、少し複雑な気分になるかもしれませんが、2回結婚するといっても同じ相手と2度結婚する場合もあります。

それに手相は変わるものですから、あまり深刻に悩むこともないでしょう。

結婚線が3本以上ある場合は、恋愛の数を示すものとなります。一番存在感のある、立派な結婚線が結婚を意味するものとなります。

他のものは恋愛の数。愛情の分だけ手相に現れるようです。

縁の薄かった相手には手相も薄く短くなり、縁の深い相手と付き合う場合は手相も濃く長くなるようですよ。

関連記事

記事カテゴリ