結婚線と手相占い TOP > 結婚線いろいろ > 手相における結婚線の見方

手相における結婚線の見方

手のひらには、たくさんの線がありますね。この線の長さや形状で運勢を知るというものが手相占いです。

その手相で、結婚線とはどこにあるのでしょうか。

女性はやはり結婚に関して興味がある方が多いので、結婚線の位置だけは知っているという方もいるのでは?

結婚線とは、小指の付け根と、感情線の間にある短い線のことをいいます。

1本の場合もありますし、2本3本の場合もありますが、どれも結婚線です。

本数によっても、意味が変わります。

でもこの線、結婚線とは呼びますが、結婚の事だけを意味する線ではないのです。

その人の愛情関係すべてを示しているものなんです。

結婚ももちろんですが、恋愛、同棲など、男女の愛や親密な関係を意味します。

結婚線は、長さにも意味があります。

まず、短い結婚線が示すもの。

単純ですが、やはり短い結婚線はあまり良くない運勢です。

恋愛はしても長続きせずに、一時的な恋愛で終わってしまうことが多いのです。

深い愛情には発展しにくい運勢といえます。

結婚しても、すぐに離婚してしまったり、一生を独身で過ごしたりする人もいるでしょう。

ただし、手相は変わるものです。

結婚線が短いからといって悲観することはありません。幸せになるかどうかは、本人の心がけ次第。いつのまにか結婚線が長くなっていたということも多々あります。

手相は心を映す鏡だともいわれます。

異性の外見など条件だけを見るのではなく、ちゃんと中身を見極めることができれば、より良い方向に向かうでしょう。

関連記事

記事カテゴリ