結婚線と手相占い TOP >  トラブルの暗示 > 切れている?

切れている?

結婚線は人によってそれぞれ違います。

その形や長さによって予測される運勢が変わったり、周りの手相によっても変わるのです。

ここでは、切れている結婚線について話してみましょう。

正しくは切れているのではなく、段のようになっているものについてです。そして、その両方の線の長さや太さがだいたい同じである場合。

あきらかに違う場合は、結婚線ではない違う線でしょう。

切れ目があり、段になっている結婚線が1つでもあると、恋愛や結婚生活が一旦止まってしまうことを暗示しています。

恋人や、配偶者と一時は別れるのですが、しばらくして元に戻るという暗示です。とても深い縁で結ばれているというわけですね。

どういう理由で別れてしまうのかは、人によって違うでしょう。他の線を見てみなければわかりませんが、完全に別れてしまうことはありません。障害が取り除かれ復縁します。

恋人がいる場合や結婚している場合は、ハッピーエンドといえますが、不倫の場合でもこれはあてはまるので、その場合はハッピーエンドとはいい難いですね。

不倫していたものが、配偶者のいる相手とは長くは付き合えないと悩み、一旦は別れを決断。ところがやはりどちらかがきっかけを作ってまた元の不倫の関係に戻ってしまうというわけです。

既婚者と付き合っていても最終的に幸せになる人もいるのでしょうが、一般的にはお奨めできない恋の形ですよね。

ところでこの相、ご主人の手相を見たところでわかりません。

ご主人にこの手相があっても、奥さんと復縁するという意味になりますからね。

関連記事

記事カテゴリ