結婚線と手相占い TOP >  トラブルの暗示 > 結婚線が下向きの手相

結婚線が下向きの手相

結婚線は手相で結婚の時期や、結婚生活の状態を推測するものです。小指の付け根と、感情線という手相の間にある線をいいます。

結婚線の状態によって意味は変わりますが、ここでは下を向いた結婚線についてお話しましょう。

下向きの結婚線、見るからに運勢は良くなさそうです。この結婚線は現在のパートナーへの愛情が冷めてきている事を示しています。

下向きの結婚線は、人類の半分の人間が持っているとされています。現代の夫婦の、精神的な絆が弱くなっていることをあらわしているようです。

その下向きの結婚線が、さらに下に伸びてゆき、感情線にくっついてしまう場合があります。こうなるとさらに深刻な状態です。

結婚線上に、島のようなものがある場合も、同じようにかなり深刻な状態だといえるでしょう。

しかし手相は心の鏡ともいわれるとおり、状況や本人の努力で変わるものです。下向きの結婚線も、上向きに変化することもあります。

もし、自分やパートナーに下向きの結婚線があれば、お互いを思いやる気持ち、尊重する気持ちを大事にしましょう。

今日の出来事や、楽しかったこと、ささいなことでもいいので、まず二人で会話をすることですね。

自分がされたら嫌なことをしてしまったり、言われたくないことを言ったりしていませんか。またパートナーからそういったことがあれば、言葉を選んで話をしてみてください。ただ要求するだけでは喧嘩になってしまいます。

幸せな結婚生活を続けるためには、努力も必要ですね。

関連記事

記事カテゴリ