結婚線と手相占い TOP >  トラブルの暗示 > 島がある

島がある

手相には結婚線というものがあります。

女性の中には、よく知っている方もいるのではないでしょうか。

結婚線とは、まさに結婚の時期を占うもの。一方で、結婚線の数は恋愛の数ともいわれています。結婚の時期だけを予測するものではないようですね。

色々なパターンがあるようなので、それを見ていきましょう。

結婚線の始まり地点に、丸い島のようなものがある場合。

ここでは、右手に丸い島が現れた場合を考えてみましょう。右手は後天的な運勢が現れやすいとされています。これから先に起こることを予測するわけですね。

実は、手相に島があるのは、あまり良い暗示ではありません。

何かトラブルや障害がおこることを意味します。結婚線の始まりに島があるということは、結婚前に家族や周囲の猛反対にあったり、何か障害が生じたりするということのようです。

しかし、色々な障害があっても、その問題は必ず解決します。

のちには、平穏な結婚生活を送ることができるようになるでしょう。

たとえどんな障害があっても、パートナーと力を合わせ、努力し続けることで、幸せな未来を手に入れることができます。

このような結婚線を持っている人は、あきらめずに頑張りましょうね。

手相は変わりやすいものです。

そして、努力のない結婚生活など存在しません。

努力を怠れば、手相も変化するでしょうし、相手の気持ちも変わるでしょう。

良い状態を維持し続けるには、運任せではなく、自分の努力が必要だということですね。

お互いを思いやる気持ちを大切にして、幸せな結婚生活を送ってくださいね。

関連記事

記事カテゴリ