結婚線と手相占い TOP >  トラブルの暗示 > 鎖のようになっている

鎖のようになっている

結婚線では、手相占いで結婚の時期などを予測します。

結婚線の状態、形状によって、いろいろな意味を示します。

結婚線とはどの線かというと、小指の根元と感情線という線の間にある線です。

これが、1本だったり複数本だったりするのですが、本数だけでなく形も、種類がいろいろとあります。

ここでは、結婚線が鎖のようになっている場合について、お話しましょう。

鎖状になった結婚線はとても珍しいものです。たまにこの結婚線を持つ人がいます。

この結婚線を持っている人は、恋愛においても結婚においても、必ずトラブルを抱えます。

相手が浮気をしたり、家族に病人がでたりと、何かとトラブルが続きます。

この線がハッキリとした線ならば、本当の結婚を意味しています。つまり結婚してからトラブルが起こるということです。

夫婦喧嘩が絶えなかったり、嫁姑問題が悪化したり、身内の病気など何かとトラブルが起きます。

しかし、それが別れや離婚に繋がることは少ないのも特徴です。トラブル続きのまま2人の関係も続くことが多いのですね。

相手がこの手相を持っていないか、確かめてみてはどうでしょう。もちろん自分の手相にもこれが現れていないか、見てみることも。

すでに結婚している人は、この先のトラブルを回避できるように努力をしましょう。

手相は変わるものです。

努力しだいで変化します。努力すればきっと状況も良くなります。

結婚生活には、お互いを思いやる気持ちやいたわり、尊敬する気持ちも大切です。

お互いが努力すれば、さらに良い方向へと変化していくでしょう。

関連記事

記事カテゴリ