婚活コラム TOP > まず、出会わなくちゃ

カテゴリ「まず、出会わなくちゃ」の記事一覧

お見合いパーティに行ってみよう

私の年代だと、お見合いパーティというと頭に思い浮かぶのはその昔大人気だった「ねるとん紅鯨団」ですね。実際、現在行われているお見合いパーティーは、あの番組の形式をヒントにしているところが多いのではないでしょうか。 お見合いパーティは、参加者の年齢や学歴、職種、年収などに細かい条件が設定されているものも

全文を読む »

どこで婚活しているの?

さて、結婚相手を積極的に見つけようと努力する「婚活」ですが、皆さんどういったところで活動しているのでしょうか。 ひと昔前は、企業は男性社員の結婚にまで気を配っていましたし、近所では世話好きなお見合いおばさんが未婚の男女に目を光らせていました。つまり、本人は努力しなくても、周囲が出会いをもちかけてきて

全文を読む »

どんな人と結婚したい?

婚活を積極的にしているのに、なかなか決まらない、合う人が見つけられないという方も多いようですが、決められない理由のひとつに 「条件が細かすぎる」 というものがあるそうです。

全文を読む »

コンパは婚活の役に立たない

出会いというと、同僚や友人同士のコンパを思い出す方も多いようです。実際、コンパというと張り切って出かける、という話もよく聞きますね。 張り切って出かけて行って、相手の容姿を見ただけでがっかりして盛り上がらなかったという話もよく聞きますが。 「婚活時代」の中で、白河桃子さんが取材した先で聞いた話を載せ

全文を読む »

人は見た目が9割、なのです

「中身がよければ、外見なんてどうでもいい」 と、いう台詞はよく聞きます。でも、それが本当ではないことも、私たちはよく知っていますよね。 ところが、困ったことに人というのはどんなことでも、自分にとって都合のいいように聞き間違えるスキルを持っています。

全文を読む »

他人の目からみた「釣り合い」

婚活することが結婚するのに必要になった現代と違い、1980年代頃までは、意識的に結婚のための活動を行う必要はありませんでした。 それは結婚相手を見つけるということが、現代のように全く自由な世界ではなく、相当規制されていたからだと考えられています。 結婚に至るには、当然ながら出会い、お互いが結婚相手と

全文を読む »

共感が大事

自分の話で何なんですが、私は夫より10歳年上です。 今どき、年上の妻は珍しくないとはいえ、実際に知り合った人に「嫁が10歳年上」「夫は10歳年下」と言うと驚かれます。

全文を読む »

婚カツ!とコンカツ・リカツ

SMAPの中居くんが11年ぶりの月9出演で話題になっていたフジテレビの「婚カツ」。いよいよ始まりましたね。 番宣で「婚カツ!」って文字と割り箸でカツを掴んでる出演者を見たときには、なんの冗談かと思いましたが、主人公の実家がカツ屋なのね(笑)

全文を読む »

婚活が必要な人はこんな人

婚活とは結婚活動の略で、結婚相手にめぐり合うための積極的な行動をいいます。 で、どういう人にこの活動が必要かってことなんですが、大きく分けて2つに分かれると思います。 ひとつは、異性との交流の場が圧倒的に少ない人。

全文を読む »

婚活はヒミツにするな

2008年12月の初旬に、大手百貨店が話題づくりにと「婚活福袋」を新春に売り出すというニュースがありました。 この福袋の発売自体は、他のもの(自分ちの子も石川遼くんに育てようという「目指せJr.ゴルファー福袋」とかあるし)同様、マスコミ向けの企画なんでしょうから、本気で婚活中の女性に買ってもらえると

全文を読む »

年収イコール職業?

婚活中の女性に、相手に求める一番のことを聞くと「年収」という答えが返ってきます。これは、漠然とでなく実際に積極的に婚活をしている人の答え。

全文を読む »

日本人男性は世界一モテない

世界中、いたるところに現地の人と結婚している日本人女性がいるものです。週末のTV番組で、そうした世界の様々な場所で結婚し、暮らしている日本人を紹介する番組がありましたが、圧倒的に女性が多かった。 やはり、日本女性はモテるのですね。 細やかな心遣いができるよう訓練されている日本女性は、どこの国の女性よ

全文を読む »

日本女性は世界中でモテる

「負け犬世代」などと表現される40代ハイスペック女性は、日本で婚活してもなかなか相手が見つからないと聞きます。 その理由には、高すぎるスペックのため釣り合う男性が少ない、ということもありますが、日本の「結婚」は実質当人同士だけのものではないため、「子どもを産むのが難しい」と思われる年代の女性は、どん

全文を読む »

本気を示そう

ブームだった婚活も今や定番のものに。結婚しないで過ごし、孤独な独居老人にならないためにも婚活はもちろん必要ですが、「恋愛したい」のと「結婚したい」のの区別がついていない人も、まだまだいるようですね。

全文を読む »

結婚情報サービスは何を使う?

婚活に必要なツールといえば、結婚情報サービス。昔は近所のお見合いおばさんや、職場の上司が相手をみつくろってくれたものですが、現代ではそんな縁はあまり望めません。そこで台頭してきたのが結婚情報サービス。 結婚紹介業者の数は約6千、市場規模は600億円といわれており、今や一大産業です。

全文を読む »

記事カテゴリ