婚活コラム TOP > まず、出会わなくちゃ > 結婚情報サービスは何を使う?

結婚情報サービスは何を使う?

婚活に必要なツールといえば、結婚情報サービス。昔は近所のお見合いおばさんや、職場の上司が相手をみつくろってくれたものですが、現代ではそんな縁はあまり望めません。そこで台頭してきたのが結婚情報サービス。

結婚紹介業者の数は約6千、市場規模は600億円といわれており、今や一大産業です。

どのサービスを選ぶにしても、その内容と料金、解約時の条件をきちんと確認してから入会するのが良いでしょう。

今いちばん多く使われているのは、インターネット型。会員の身元確認をしているので出会いサイトとは違います。

大抵は月額3千円程度の安価なサービスであり、自分で会員を検索してメールを出すという、自分で努力するパターン。けっこう地道な努力が必要ですが、年単位で数十万円の会費が必要になるデータマッチング型よりも会費も安価で、利用のハードルが低いといえるでしょう。

婚活サイトを使うなら、本人証明があるかどうか、身元確認の書類が提出されているかどうかなどを確かめてからメールのやりとりなどを始めた方がいいでしょう。

最低限の管理はしてくれますが、安価で手軽な分、自分で安全管理をしなくてはならないと考えた方がよいからです。

少々お金がかかってもいいから、アドバイスをもらいたいとか、相談に乗ってほしいという場合は、データマッチング型の結婚情報サービスか、ベテランカウンセラーのいる結婚相談所に登録するのがよいでしょう。

ただし、データマッチング型で最初から「男性会員は全員医師か弁護士」などというセレブな雰囲気をかもし出しているところは、女性会員が男性会員の何倍もいて、全然会えないなんてこともあるそうですから気をつけましょう。

高いお金を出してセレブな男性と知り合おうと思っても、結局若い女性から順にチャンスが巡ってくるのが現実です。慎重に考えましょうね。

昔ながらの仲人型の結婚相談所にも、良い点はあります。カリスマ的なカウンセラーがいて、成婚率が5割を超えるなどというところもあるんだそうですよ。

条件から検索していくデータマッチング型と違い、客観的に見たあなたに適した相手を見極める目を持っている人が相談に乗ってくれる、という強みがあるのです。

いずれにしても、自分と合うタイプの結婚情報サービスを選ぶことが大切ですね。

関連記事

記事カテゴリ