婚活コラム TOP > まず、出会わなくちゃ > 他人の目からみた「釣り合い」

他人の目からみた「釣り合い」

婚活することが結婚するのに必要になった現代と違い、1980年代頃までは、意識的に結婚のための活動を行う必要はありませんでした。

それは結婚相手を見つけるということが、現代のように全く自由な世界ではなく、相当規制されていたからだと考えられています。

結婚に至るには、当然ながら出会い、お互いが結婚相手として選択し、決断するという手順を踏むわけですが、1980年代より以前には、ほぼ自動的にふさわしい「相手」とめぐり合うことができたのです。

多くの場合、それは「職場」と「お見合い」でした。

職場は今でも出会いとしてかなり有効な場ではありますが、現代では女性も高学歴、高収入。かなり重要なポストについており、結婚や出産で退社するのが当然ではなくなってますよね。

そうすると、たとえお互い「いいな」と思っていても、女性の方が社会的地位が高いと思われる場合、「この人と結婚してもいいものか」とお互いが躊躇してしまい、結婚に至らない、なんてことがあります。

この場合、双方が「男性が家庭に入ってもいいじゃないか」などと考えが同じであれば良いのですが、なかなかそうはいかない。

つまり、「好き」なだけでは結婚できないのですね。

これは少しおかしなことです。

旧時代の考え方、つまり女性は腰掛け程度に働いていればいいとか、男性の方が地位が高くなくてはカッコウがつかないなどという考え方を否定しているのに、いざ結婚となるとそういった旧時代の価値観が、顔を出したりするのです。

こういった状況にある人に、「それではふさわしい人とお見合いをしてみてはどうか」と言ってみたらどうなるのでしょうね。

条件はどうあれ、今好きな人がいるという状況であれば、

「お見合いで釣り合う人を選ぶなんておかしい。愛があれば条件なんて関係ない」

と言うのではないでしょうか?

老婆心ながら、そう思うなら戸惑ってないで好きな人と結婚すればいいと思いますね。

でも、お見合いも悪くはないと思いますよ。特に、昔ながらの「外から持ち込まれるお見合い」。

現代の結婚相談所のように、自分で相手の条件を設定するのではなく、第三者の客観的な目でみた「釣り合い」を重視するのも実はいい方法ではないでしょうか。

昔からあちこちにいた「お見合いおばさん」は、世話好きであるというのと同時に、「世間の目でみた男女の釣り合い」を見るバランス感覚に長けていたのではないですかね。

「こちらの息子さんは公務員、こちらのお嬢さんはどこそこの短大出で・・・」

などと、それぞれの知性の程度や育った家庭環境の類似性、親の職業などを相対的に吟味してお互いを引き合わせていました。

その結果、人柄がそう悪くなければ成婚することも多かったのではないかと。

そういう意味では、現代の「自分で条件を設定する」方式ではなく、「自分の相手にはどんな人が釣り合うのか」を客観的に教えてくれるところや人を探すのが、婚活成功への近道なのかもしれません。

関連記事

記事カテゴリ