婚活コラム TOP > 決断しましょう > とりあえず一度は、独り暮らし

とりあえず一度は、独り暮らし

婚活が必要ではなかった1980年代までは、結婚後の生活観が男女でほぼ一致していました。男性は社会へ出て働き、女性は結婚または妊娠を期に退社し、家庭に入るという考え方です。

しかし、現代ではそれは一般的な価値観とはいえなくなってきました。

働きたい女性もいれば、家庭に入りたい女性もいる。一方、男性は女性に身の回りのことや家庭のことをやってもらいながらも、経済的な理由で働いていても欲しいと思っている。

これでは結婚できませんね。

しかし、この理由は日本のみでなく、世界のどこでも見られるものだそう。日本にはさらに、日本特有の理由があるのです。

それは「結婚すると経済的余裕がなくなるからイヤだ」という理由。

どうして独身のほうが経済的に余裕があるのかというと、日本人は大人になっても親元から離れず、親の家に暮らしている人が多くいるから。

欧米、特にアメリカでは学生時代が終われば子どもは家から出て自立するのが普通です。

ですから、交際している相手がいるばあい、一人より二人のほうが生活が楽になりますから、積極的に結婚を考えるそうです。

そう考えると、なるほど親元に住み、自分の稼ぎを好き勝手に趣味や買い物に当てている人がなかなか結婚を決断できないのは頷けます。

そこで、真剣に結婚することを考えるなら、一度独り暮らしをしてみることをお勧めします。

男性にしろ、女性にしろ、今まで親がやってくれていたこと、与えてくれていたことがよくわかり、家庭生活を守っていくことは決して楽ではないということがよく分かると思います。

いつまでも結婚しない娘・息子をお持ちの親御さんにも、このことは考えて欲しいことですね。

関連記事

記事カテゴリ