婚活コラム TOP > 交際できる人、できない人 > 親の婚活

親の婚活

この結婚難の時代、本人よりも親御さんの方が熱心に婚活している、というニュースを見ることがあります。切ないですねぇ。

そういう親の婚活は「代理婚活」と言うんだそうですが、適齢期もしくは適齢期をすぎてしまった子どもを持つ親御さんたちが会場に集い、お見合いの相手を見つける、というものだそうです。

まず親同士が釣書や写真などを見て相手を決め、子どもが同意すればお見合いになるのだとか。いかにも、「家同士の結婚」の国、日本という感じですよね。

代理婚活を熱心に行っている親御さんは、全国どこへでも行くし、だいたいお母さんの方が積極的なようですね。

親御さんにしてみれば、自分達の時代には当たり前に誰でもができた「結婚」というものを、自分達よりもはるかに自由に育ってきた子供たちができないことが、不思議で仕方がないようです。

今は昔と色々と条件も違うし、そのうちなんとかなるのだろうと思っていたら、いつまでたってもなんともならない。これではいかんと重い腰をあげてやってきた、という親御さんが多いようですね。

代理婚活は、そもそもは結婚情報サービスの会社が始めたものだそうです。

元々は、何が悪いというわけでもないのに、なかなか相手が見つからない子どもを持つ親同士、愚痴というか話をする場があれば、と始めたものらしいのですが、いざそういった場になると、俄然積極的になる親御さんもいらっしゃる。

本人に任せていたらいつ結婚するかわからない、ということで躍起になって活動する親御さんの気持ちは痛いほどですが、反面、その保守的な価値観にちょっと残酷さを感じたりもします。

それはやはり「嫁には子どもを産んでもらいたい」という条件がはっきりしていることです。ですから、出産がどうかと思われる年齢の女性は、たとえ素晴らしい経歴や容姿であっても弾かれるのです。

はっきりと「仕事をバリバリやっていきたいというお嬢さんは困ります」とおっしゃる親御さんもいます。ご自分のお子さんが女性だったとして、そう言われたらどうですか、と聞きたくなってしまいますね。

昨今の情勢では、女性も経済力をつけることが「幸福な暮らし」の条件になりつつあるというのに。

また、親が理解できないことのひとつに「独身者の気楽さ」というものがあるように思います。

昔はいい歳をして結婚しないでいると、「何か重大な欠陥があるのでは」と疑われたりしましたが、現代ではいい歳をした独身者など珍しくもありません。

珍しくないということは、不便が少ないということです。現代の独身者は気楽なのです。そういった点も理解していないと、親御さんがやっきになっても、お子さんの幸せな結婚は実現できないと思いますね。

どうして結婚したいのか、どんな結婚生活を求めているのか。条件ではなく、結婚に求めるものを具体的に考えていくことが、幸せな結婚への道筋のように思います。

関連記事

記事カテゴリ