婚活コラム TOP > 交際できる人、できない人 > 戦略を変える

戦略を変える

どんなにお見合いを重ねても、友人や家族の紹介で会ってみても、どうにも相手に選ばれない・・・という人も、多くいるみたいですね。

失礼ながら、そういう方は戦略を間違えているように思いますよ。

就職活動に戦略と自己アピールが大切なように、婚活にも戦略は必要です。ここでいう戦略とは、自分のモテる漁場がどこにあるのかを知るということ。

どんな外見だろうと、どんな年齢だろうと、世の人々の嗜好はさまざまです。

「あの人にお相手がいて、なぜこの私にいないのだろうか」

と思うこともあるでしょう?

モテる人は、自分に最適な漁場を知っている人なのですよ。

特に女性は、20代前半の「女の子」と比べたら、そりゃぁ結婚相手探しは少々難しい。30代ならまだしも、40代ともなると実際、つり合う男性はすでに結婚していたりします。

さらに問題なのは、結婚したいと思っているのに「ガツガツするのはみっともない」と思ってしまい「いい人がいたら考えたいけど・・・」なーんて余裕のフリをしてしまうことです。

そんなことでは、ガツガツと活動している若い人には勝てません。

とはいえ、大人になり自分のモテ漁場を知った女性としては、若い女の子と同じ戦略でいってもあまり効果的ではないですよね。

そこで、自分が理想としているターゲットと、自分がモテるであろうターゲットはマッチしているかどうかを考えなくてはなりません。

30代・40代になった大人の女であれば、魅力は「精神的な成熟」です。

若い女の子と同じように、人気のスポットに行きたいだの、ステキなアクセサリーが欲しいだのと言っていてはダメなのです。

シンプルな、しかし質のいいものを身につけていること。知性があり、話に奥行きがあること。凝ったものでなく、日々普通に食事するものを手際よく作れること。何より、気遣い・気くばりができることが「成熟」の証です。

そういった女性であれば、「こういう人と暮らしたい」と思う男性は必ず現れるはず。

男性の場合も然りです。感覚は若いのだとアピールしたいために、ヒールを履いた女性を人込みの中、連れまわしたりしていませんか?

結婚したいなら、そして今婚活がうまく行っていないなら、自分の戦略をよく検討してみるのがいいでしょう。

関連記事

記事カテゴリ