お見合いコラム TOP > お見合いの注意点 > 交際はどんな風に?

交際はどんな風に?

お見合いが成功して交際することになった場合、どんなことにに気をつけたら結婚までうまくいくのでしょうか。お見合い後の交際について考えたいと思います。

お見合いの相手とお付き合いしたいと思ったら、まず紹介者に自分の意思を伝えましょう。紹介者を通じて相手の返事を聞けますし、同じ気持ちならばお付き合いが始まりますね。

基本的には普通の交際と同じようにデートすればいいのですが、お見合いの場合は最初から結婚を前提に知り合っているので、なるべく早めにお互いの両親に会うのがいいでしょうね。

相手のお家に行く際は、手土産には菓子折りなど、形に残らないものを選ぶのがいいでしょう。

デートの費用は割り勘が望ましいでしょう。お互いの出費が大体同じくらいになるようにしておくのがポイントです。

お見合いで知り合ったふたりの場合、紹介者を通じてデートの約束をするのが普通ですし、紹介者への礼儀です。紹介者が、これからは二人で連絡を取って会うように言うまではそうしてください。

また、交際の経過を紹介者に時々報告しておきましょう。

お見合いが普通の交際と違うのは、結婚を前提とした交際なので3ヶ月ほど経った時点で結婚するのかしないのかの結論を出さなくてはならないという点ですね。だらだらと付き合うのは相手にとって失礼にあたります。せめて6ヶ月以内には結論を出しましょう。

結婚が決まったら、あとは通常の交際と同じこと。お互いの両親に会い、きちんと結婚の意思を伝えてあいさつをしに行きます。

お互いの両親と本人たちで食事会をするなどすると、いいですね。もちろん紹介者にも結婚の報告を忘れないように。紹介者の方に、お礼の言葉もしっかりと伝えましょうね。

関連記事

記事カテゴリ