お見合いコラム TOP > 世話人と仲介人 > 世話人を頼まれたら?

世話人を頼まれたら?

ある程度の年齢になると、お見合いの世話人を頼まれることもあるかも知れません。まずはどんなことから始めたらいいのでしょうか?

お見合いというのは本人たちにとって人生に係わる大きな行事ですね。世話人を頼まれたからといって、簡単に引き受けるのは考えものです。

子供が年頃になると、本人の意志ではなく親が勝手にお見合い話を持ってくるということがありますね。

本人はまったく結婚する気がなかったり、親が知らないだけでちゃんとお付き合いしている相手がいるなんて場合もあります。それなのに親が勝手にお見合いの話を持ってきたら、本人には気分が悪い話ですね。

まずは本人に直接会って、本当に結婚の意思があるのかどうか、またはどんな結婚生活を送りたいと考えているのかなど事前に聞いておく必要がありますね。世話人を引き受けるかどうかの返事は、それからするようにしましょう。

本人の結婚の意思を確認したら、希望の条件をできるだけ詳しく聞いておきましょう。

「いい方ならどんな方でも・・」など、曖昧な返事を真に受けてしまうと、後々トラブルの元になりかねません。

男性なら収入についても聞いておかなければいけません。生活を共にする男性が、どのくらいの収入なのかは大切なことですからね。

また結婚後、働きたいのか専業主婦になりたいのかも聞いておきましょう。夫婦でどのくらいの収入でどのような生活をしていきたいと考えているのかはとても大切なことです。

結婚後、親と同居するのかしないのかもとても重要です。必ず希望を聞いておきましょう。

また健康状態を聞いておくことも大切です。生涯を共に過ごしていくなら、お互いの健康状態のことはよく把握しておく必要がありますからね。

健康診断の結果をお互いに取り交わすことを勧めるのがいいでしょうね。

関連記事

記事カテゴリ