お見合いコラム TOP > お見合い結婚、恋愛結婚 > 人に聞けない疑問

人に聞けない疑問

お見合いについて疑問に思うことも、なかなか人に聞けないことですね。

まずは釣書という言葉について。

釣書とは、お見合いをするために必要な写真や身上書、履歴書などの資料のことをいいます。

昔から使っている言葉なのですが、結婚相手としてお互いがふさわしいか、相手と「つり合い」がとれているかなどを判断するためのものという意味らしいです。決して相手を「釣り上げる」ためのものではないので念のため。

次にお見合いの費用は誰がどちらが払うのかについてですが、お食事をした場合など、かかった費用は仲人の責任なのです。

当日慌ててしてしまわないように、男性側が仲人さんと打ち合わせしておくのが一般的ですね。

また、紹介者へのお礼をどうするのかということについてですが、お見合いがうまく纏まった場合は、きちんと結婚が決まった時点でお礼をするのが普通です。

紹介者に結婚式の媒酌人までをお願いする場合には、結婚式が終わってからすべてのお礼を兼ねて現金をお贈りします。

残念ながら纏まらなかった場合にはそれぞれがお礼をしましょうね。紹介者の立場や自分との関係などをよく考え、今後のことも踏まえて現金やギフト券、同様の額の品物などを贈りましょう。

さて自分が再婚だという場合ですが、自分にとって不利な内容でも世話人にはなるべく包み隠さず話しておくのが礼儀です。

子供がいるのか、前回はいつ結婚していつ離婚したか、離婚の原因などもきちんと伝えておかなければなりません。

相手が何も知らないからこそお見合いが纏まったとしたら、相手にとっても紹介者にとっても、大変失礼にあたります。

連絡先の交換はお見合い当日に行わないのが普通です。

その日のうちに意気投合しても、安易に電話番号など交換してしまわず、世話人に「あとは二人で」と言われるまでは、世話人を通じて約束をしましょう。

関連記事

記事カテゴリ