お見合いコラム TOP > お見合いいろいろ > 世代別に考える

世代別に考える

お見合いをする場合に、相手がどのくらいの結婚感を持っているのかはすぐにはわかりませんね。

お見合いをしているんだから結婚はしたいと思っているのでしょうが、性別や世代によって結婚観って違いますよね。

人それぞれのこととは思いますが、様々な結婚観を世代別にまとめてみることにしましょう。

まずは20代。男性の場合は、20代全般を通じてまだ早いと思う方が多いようです。

一方女性は25歳を過ぎる頃からだんだんと結婚を意識し始め、30歳が近付くにつれて結婚意識が強くなっていくようです。

そうしてみると女性の場合、20代は前半と後半でだいぶ差があるといえそうですね。

次に30代の女性。仕事もひととおりできるし、経済的にも精神的にも安定し、自信もあるという時期ですね。

だからこそ結婚したいという意識が最も強くなってくる年代なのかもしれません。

30歳を過ぎると「結婚したい」という気持ちが「結婚しなきゃいけない」というような焦るような気持ちに変わってきます。

30代のうちに結婚できなければ、もう仕事に生きよう、1人で生きていこうなどとと決意してしまう方も多いようです。

男性の場合はこの時期が適齢期といえるでしょう。

40代の女性はもう結婚についてほとんどあきらめている時期です。

社会的な地位や経済力もつき、ひとりで生きていけると思ってしまうからです。

今さら男性に頼らなくても、ひとりで平気だと自分に言い聞かせている方が多いのではないでしょうか。

一方、男性はまだまだ適齢期といえます。独身時代を十分過ぎるほどに楽しんだ方が多く、早く結婚したいと思う時期でしょう。

お見合いをする場合、お見合いの相手がどのような結婚観なのかは気になるところです。

特に女性の結婚観は世代によってかなり変わっているものです。

どの世代が大体どんな結婚観を持っているのか、参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

記事カテゴリ