タヒチウェディング TOP > 海外ウェディングいろいろ > スタイルいろいろ

スタイルいろいろ

海外ウェディングで挙式するというカップルが増えていますね。

ローマやパリなど、格調の高いヨーロッパの教会で、伝統と歴史溢れる古城でのウェディングも素敵。あるいはタヒチやハワイなど、青い海が広がる南国のリゾート地での挙式も。水上ウェディングやクルージングをしながらの、とっても優雅なウェディングが期待できそうです。

さらには、ディズニーランドなど、テーマパークでウェディングを、というユニークな演出まで。枠にとらわれない自由で、個性的なウェディングを実現できるのが、海外ウェディングの特徴です。そのため急激に人気が高まっているるのでしょうね。

海外挙式には次の3つのスタイルがあります。

リーガル挙式

フォーマル挙式とも呼ばれます。日本の戸籍に記録が残る、正式な挙式。つまり、日本ですでに入籍をしていないことが条件となります。現地で結婚登録を行うことから、到着日から挙式日までの日程的な余裕が必要です。

祝福式

ブレッシング(=祝福)式とも呼ばれます。お二人の結婚をお祝いするという形での挙式。戸籍に記録は残りません。「結婚証明書」を発行し、思い出に残る形ににするという場合が多いようです(法的に有効なものではありません)。タヒチなどでのリゾートウェディングなど、海外ウェディングの大半がこのタイプ。日本を発つ前に入籍することが必要です。

人前式

クルージングを楽しみながらの海上結婚式などはこのタイプです。船のキャプテンなどが立会い、進行役を務めます。宗教に関係なく、立会人に結婚を見届けてもらいます。自由な挙式スタイルが魅力ですね。

関連記事

記事カテゴリ