タヒチウェディング TOP > 海外ウェディングいろいろ > ヨーロッパとリゾートでのウェディングが人気

ヨーロッパとリゾートでのウェディングが人気

海外でウェディングをあげるカップルは年々増えているようです。

ハネムーンだけでなく、ウェディング挙式を日本でなく海外で、と望む方が増えているのが現状のようですね。では実際、どのような地域、国で、日本人のカップルは挙式をあげているのでしょうか。

人気が高いのは、やはりヨーロッパの格調高い古城でのウェディング、またはタヒチなどのリゾートでの水上コテージでのウェディングのようです。

ヨーロッパ

日本からパリヘのフライトは約12.5時間。ローマへは約12.5時間。日本との時差は-8時間(夏時間では-7時間)です。ヨーロッパは、昔からハネムーンの人気の場所でした。

最近では、ヨーロッパでウェディングをあげるカップルも増えています。

芸術と歴史のある街で、最新のファッションや多彩なグルメも楽しみたいですね。趣のある格調高い教会や古城でのヨーロッパウェディングは、日本のホテルでの挙式とはまた違って荘厳なもの。やはり根強い人気ですよね。

 

南太平洋の島々・・・タヒチ、ニューカレドニア、フィジー

日本からタヒチへは約11時間、ニューカレドニアへは約8時間、フィジーへは約8.5時間です。日本との時差はタヒチが-19時間、ニューカレドニアは+2時間、そしてフィジーは+3時間。

深く濃い、それでいてどこまでも透き通った青い海、南国の花々が咲き誇る楽園の島々でのウェディングは若いカップルの憧れです。タヒチウェディングでの一番人気は、ボラボラ島での水上コテージでの挙式です。南国の明るさと優雅な雰囲気のなかで、素晴らしい思い出が作れそうですね。

 

関連記事

記事カテゴリ