感動させる結婚式の演出 TOP > 出席者が楽しめる演出 > 乾杯までに

乾杯までに

せっかくの結婚式ですから、出席者の方につまらないと感じさせることは少ない方がいいですよね。

ここでは、出席者の方が退屈しがちな披露宴での「乾杯までの演出」について考えたいと思います。

まず新郎新婦のプロフィール紹介がありますね。

仲人さんがいない場合は司会の方が紹介をします。それではつまらないので、自分たちでお互いを紹介してしまうのはどうでしょう。

緊張や照れもあるでしょうから、言葉をつまらせたり噛んでしまったりとスムーズにはいかないかもしれませんが、そんなところも微笑ましいと思っていただけるでしょう。

祝電を紹介する時間というのも、こういっては失礼ですが出席者にとっては退屈なものです。ですから例えば新郎から新婦にあてた、秘密の祝電を準備しておくというのはいかが。

司会の方にあらかじめ渡しておいて、「最後にもう1通祝電をお預かりしています」というように言ってもらい、新婦を感動させましょう。出席者からも祝福の声が上がること請け合いです。

新郎新婦から、出席者のみなさんへあてて祝電を準備するというのもいいですね。

祝電披露の最後に読み上げてもらうと、会場の皆さんも和むことでしょう。

内容は「今日は私たちのために来ていただいてありがとうございます。どうぞ楽しんでいってください」というものでもいいですし、感謝の気持ちが伝わればいいでしょう。

でもこのときはまだ披露宴は始まったばかり。だから感動的な文でなく、軽いものの方がいいかも。

そして現代ではめずらしい鏡開き。結婚式で行われるのはあまり見ませんが、めずらしいからこそやってみると盛り上がるものです。

新郎新婦だけでなく、せっかくですから両親もいっしょに鏡開きに参加するのもいいでしょう。

関連記事

記事カテゴリ