感動させる結婚式の演出 TOP > ご両親に喜んでもらう > 大切なご両親へ

大切なご両親へ

結婚式での感動のシーンというと、一番はやはりご両親へのお礼のお手紙を読み上げる、という場面かと思います。

花嫁がご両親へ送るというのが一般的なようですね。

どんなお手紙でも感動するものですが、特に心に残るお手紙というのは具体的なことが書かれたお手紙でしょう。

小さい頃の思い出を書く場合は、できるだけ具体的に、何が起きたのか、何があったのかを書くようにしましょう。

会場にいる、出席者の皆さんにとって、話が具体的な方がその場面を想像しやすいし、感情も入りやすいものだからです。

たとえば、

「裁縫が上手なお母さんは、私のためにいつも手作りのものを作ってくれていました。」

などと書くよりも、

「一度手編みでマフラーを作ってくれたことがありました。なんだか照れくさくて一度もしないままになっています。ごめんなさい。本当はとてもうれしかったんです。」

などと具体的に書くのです。その方が気持ちも伝わりやすいし、感動的です。

ご両親への花束贈呈のときは、花の代わりにウェイトベア(自分が生まれた時の重さにつくられたぬいぐるみ)というのをご両親にプレゼントする、という方が、最近では大変増えています。


実は私もこれをプレゼントしました。クマのものがやはり多いのですが、現在ではうさぎ、犬、キャラクターなど、種類は豊富にあるようです。

そして司会者の方にナレーションで「お父さんお母さん、この重みは今でも覚えていることでしょう」と話してもらえば、ご両親はもちろん会場のみなさんも感動でウルウルになること間違いなし、でしょう。

ご両親はきっと、その時の感動を思い出されることでしょうね。

また花束といっしょに、ご両親の似顔絵を描いてプレゼントしたという方もいらっしゃるようです。もちろんそういうプレゼントは、ご両親を感動させたことでしょうね。

似顔絵はとても描けない、という方でも、手作りのものを何かプレゼントするとよいでしよう。より感動していただけることと思います。

関連記事

記事カテゴリ