感動させる結婚式の演出 TOP > 個性的な演出 > 大切な衣装

大切な衣装

結婚式での衣裳の演出といっても、決まりきったものが多いし、あまりピンとこない方も多いかもしれませんね。

和装と洋装の違いくらいしか思いつかないという方もあるかもしれませんね。せっかくだから衣装にも自分たちらしさを出したいとお考えの方、こんな演出はいかがでしょうか?

たとえば新郎が鉄道会社の運転士、新婦が客室乗務員だった場合、お色直しの際に思い切って制服を着てみるというのはどうでしょうか。

お仕事の関係者が多く出席している場合は特に盛り上がりますね。制服が持ち出せない場合は仕方ありませんが、大体は結婚式当日に借りることはできるのではないでしょうか。

お仕事にちなんだ演出というのは、ふたりの普段の姿を皆さんに伝えられるので、素敵な演出だと思います。

出席者のどなたにもわかりやすい演出にするために、司会者の方にお二人のお仕事の説明などをしていただくとよりいいでしょう。

新郎がたとえばお寿司の板前さんだったりした場合、白衣や割烹着姿で登場してもかっこいいですね。

将来はお店を持ちたいという気持ちがあったりしたら、その気持ちををゲストのみなさんに知っていただくためにも、その場でお寿司を握って食べていただくこともできると思います。

二人が登場した時にまずびっくりですし、握りたてのお寿司を食べられることでまた驚かれることでしょう。出席者の皆さんの思い出に残る、素敵な披露宴となることは間違いないでしょう。

何か技術を持っている方は、それを皆さんにお披露目する意味でも、こんな演出をしてみるのはいいでしょうね。

普通のサラリーマンだという方も、二人の共通の趣味や将来の二人の夢などを衣装で演出してみるなんていかがでしょう。

かっこいいタキシードにきれいなドレスももちろんいいと思いますが、本当の自分の姿を出席者の皆さんに知ってもらうのも最高の演出といえるでしょう。

関連記事

記事カテゴリ