感動させる結婚式の演出 TOP > 個性的な演出 > 結婚式で入場する際

結婚式で入場する際

大切な結婚式、出席者の皆さんの元に姿を表す披露宴の入場にも、こだわりたいものですよね。

入場の演出について、色々と調べてみました。

キャンドルサービスはほとんどの場合、披露宴の中盤で行われます。しかし最近はウェルカムキャンドルサービスといって、最初の入場のときに行うという演出もあるようです。

新郎新婦の入場の前に、各テーブルの代表の方にキャンドルの灯りをともしていただき、その灯りの、新郎新婦が入場するという非常に神秘的な演出です。

私は実際このウェルカムキャンドルサービスは見たことがないのですが、とても憧れを感じますね。

キャンドルはどんなものでもだいたい4時間はもちますので、入場の時に灯りをともしたとしても披露宴の最中に消えてしまう、ということはありません。

出席者の方が入場している時や新郎新婦が入場する前の待ち時間に、挙式のビデオを流すという案もあります。

結婚式に出席していない方も披露宴にはみえるので、挙式の様子を見られるのはいいですよね。

特に海外で挙式を終えて日本で披露宴を行うという方にお奨めです。

挙式のビデオでなくても、ウェルカムビデオとして入場前に「本日はご出席いただいてありがとうございます。楽しんでいってください。」というような新郎新婦からのメッセージでもいいでしょうね。

入場の時の曲結構重要かと思います。凝る方も少なくありません。

自分のお気に入りの結婚式ソングを流すのもいいですが、友人に楽器を弾ける方がいればお願いして、生演奏の中入場というのもいいでしょう。

余興でピアノやギターの演奏というのはよくありますが、生演奏の中最初の入場をする、というのは印象に残ること間違いなしですね。

関連記事

記事カテゴリ