感動させる結婚式の演出 TOP > 式場で変わる結婚式演出 > 必要な気配り

必要な気配り

結婚式に呼んだ出席者へ、気配りをすることも大切な演出のひとつですね。演出のある気配りひとつで、結婚したふたりへの印象も変わるとと思うんです。今回は出席者への気配りについて考えてみましょう。

結婚式に呼ばれた出席者にとって、待ち時間が長いのは退屈なものです。やけに早い時間に集まるように呼ばれて、控室に結構長い時間、いなくてはならなかったりします。

そこで出席者が退屈しないよう、「ふたりを紹介するコーナー」といった感じの準備をしておくのはいかがでしょうか。

たとえば二人の卒業した学校のアルバムや卒業文集などを置いておくのも一興。結構楽しめるかと思います。

大体の場合、新郎もしくは新婦のどちらかのことはよく知らない出席者も多いでしょうから、その人となりを知るのも面白いものです。

事前に写真を撮ってある場合や海外で挙式をした、という方はその写真を見られるようにしておくもいいでしょう。

ふたりを紹介するパンフレットのようなものを準備してもいいし、ふたりが生まれた日の新聞をそれぞれコピーし、置いておくのも楽しいでしょう。

現在はで「ブライダル新聞」というものを作るサービスも提供されているようです。

ふたりの馴れ初めから結婚に至るまでの歴史を記事にした、読みどころ盛りだくさんの新聞ですね。あらかじめ注文しておくのはいかがでしょうか。

また、お子さんも出席者として呼ばれている場合、特に小さい子だと長い時間おとなしくしてなんかいられません。

そんな時に活躍できるよう、おもちゃやぬいぐるみ、簡単なゲームのようなものを引き出物といっしょに準備しておくと間が持つようです。

走り回るようなものはダメでしょうが、子供が喜びそうなものならなんでもいいでしょうね。

また、出席者にお年寄りがいる場合、お料理がフランス料理のフルコースだったりするときは気をつけて。

余計なお世話と思われるかも、と思うかもしれませんが、箸を準備しておくといいでしょう。

本当は、和食や和洋折衷のお料理にするのがいちばんいいのかもしれませんけれど、好き好きでもありますし、その式場自慢の料理を使うのが無難ではありますね。

関連記事

記事カテゴリ