感動させる結婚式の演出 TOP > 式場で変わる結婚式演出 > 人前式

人前式

人前式をお考えの方、演出はどうお考えですか?

まずは人前式についての説明をしておきましょうね。人前式というのは神前式や教会式と同じように、挙式スタイルのひとつです。永遠の愛を神さまに誓うのではなく、列席者に対して誓うのです。

神前式や教会式はしきたりが決まっており、アレンジすることは難しいのですが、人前式は特に決まりごとがないので自分たちの好きなようにアレンジすることができるのが魅力です。

でも気をつけなくてはいけないことも。自由にアレンジできるがために、挙式の厳かな部分が無くなってしまっては、ただの飲み会のようになってしまいます。しっかりとプランを立てましょうね。

人前式とはいえ、ありきたりな結婚式じゃ嫌だという方は演出に自分たちらしさをプラスしてみては?

例えば結婚式というとブーケはつきもの。しかしなぜ花嫁がブーケを持つようになったのか知っている人は少ないのではないでしょうか。

昔欧米では男性が、プロポーズの際に一生変わることのない愛の証として摘んだ花を花束にし、女性にプレゼントしたんだそうです。

その思いを受け入れる返事として、女性はその花束の中から花を一輪取り出し、男性の胸ポケットに入れたというのが始まりだそうです。この「ブートニア」を演出として取り入れてみるのもいいでしょうね。

やりかたは、事前に何人かの列席者に花を渡しておき、新郎は入場の際にその花を集めながら入場していきます。

そしてその後、新婦が入場します。新郎は集めて歩いた花の花束を新婦に手渡します。新婦はその花束の中から一輪取り出して、新郎の胸ポケットに差すのです。

司会の方にブートニアの儀式の由来を紹介してもらうと、皆さんにも意味が伝わってより一層素敵な演出になるでしょう。

関連記事

記事カテゴリ