感動させる結婚式の演出 TOP > 式場で変わる結婚式演出 > 春のガーデンウエディング

春のガーデンウエディング

結婚式をとりおこなう季節にふさわしい演出をしたいという方は、多いかと思います。。

今回は春の結婚式に良い演出について話してみましょう。ポカポカと暖かい春、新緑の中でガーデンウェディング形式の結婚式、なんて素敵じゃないですか?

ガーデンウェディングは大きく分けて二つの方法がありますね。

ひとつは挙式から披露宴までの一連、結婚式すべてをお庭で行うというタイプ。

もうひとつはパーティーの一部分、例えば挙式だけ、ウェルカムドリンクのお時間だけ、またはデザートビュッフェの時間などの決めた部分をお庭で、いうものです。

せっかくのガーデンウェディング、演出もガーデンウエディングならではのものにしたいものです。

ブーケトスやフラワーシャワーに加えて、シャボン玉や風船など、外ならではのものを飛ばすというのもいいでしょう。

シャボン玉は小さいお子さんがいる場合、お子さんにやってもらうのもいいですね。お子さんも喜ぶのではないでしょうか。

せっかく屋外だし、ということで、平和の象徴でもある鳩を飛ばせたらインパクトもあるし、印象に残るでしょうね。

本物の鳩は遠慮したいという方は、鳩の形をした風船を飛ばしてみてもいいと思います。

春といえば桜。桜の花を演出に取り入れるのもいいでしょうね。

たとえば枝つきの桜を会場の入り口に飾ったり、ウェルカムドリンクを桜のカクテルにするとか。桜の香りのするワインもありますよ。

引き出物に桜の入った和菓子を使うのも、春らしいのではないでしょうか。

そういえば「さくらさく」という焼酎もありますね。焼酎好きの方も多いので、それを引き出物にしても、喜ばれるのではないでしょうか。

関連記事

記事カテゴリ