感動させる結婚式の演出 TOP > 珍しい結婚式演出 > お色直しをするときの退場

お色直しをするときの退場

花嫁のお色直しで退場する際、エスコートはどなたにしていただく予定でしょうか?

御媒酌人の方がいらっしゃる場合はお願いするのが普通ですが、どなたもいない場合、ご家族にお願いするのも良いでしょう。

お父さまやお母さま、ご兄弟の方と手を繋ぐ機会なんて、大人になってからはまったくないものですね。

恥ずかしいと思われる方が多いとは思いますが、ご家族の方の出番を作るのも良いものです。

小さい頃の思い出のお話などを司会者の方にナレーションで入れてもらい、手を繋いで退場すると会場が感動で包まれることでしょうね。

このような演出に抵抗がある方もいるかもしれませんが、身内に対する演出も「さりげなく」であれば出席者の皆さんに受け入れてもらえるかと思います。

ここでさりげなく身内の方を紹介してみるのもいいですね。

御媒酌人やご家族の方以外でも、エスコートをお願いしてもよいのです。

あらかじめお願いしておくのが普通ですが、、当日まで内緒にしておいて突然新郎新婦が指名してみるのもいいでしょう。

恩師や会社の上司などにお願いすると、びっくりして恥ずかしがるでしょうが、しっかりとエスコートしてくれることでしょう。

お色直しでの新郎の退場は、やはり新婦の退場に比べて地味なものですよね。

そんなのがいやだという方には、ちょっと派手な退場の仕方もあります。

わざと景気のいいテーマソングを流しながら退場するとか、友人たちに騎馬を作ってもらい、上に乗って王子様のように退場したりと、方法は結構あるでしょう。

しかし場がしらけてしまっては意味がありません。比較的友人や身近な人が出席者に多い披露宴でなら、楽しめていいでしょうね。

関連記事

記事カテゴリ