感動させる結婚式の演出 TOP > 珍しい結婚式演出 > 色も、大切なテーマ

色も、大切なテーマ

統一感のある結婚式や披露宴の会場の雰囲気は素敵です。雰囲気、ドレス、お花、ペーパーアイテム、小物など、ひとつひとつは可愛いんだけど、全体的に見たときにバラバラだとなんだか気持ちが悪いし、センスが悪く感じてしまいますね。

今回は演出の色について書いてみましょう。

 

色を決める前にまずは結婚式全体のテーマ、またはキーワードを決めておきましょう。

たとえば、結婚式は教会で挙げるという方はテーマを「教会」にしておきます。そうすると「天使」などのように教会にちなんだものがイメージされていきますね。

そのように、テーマが決まれば披露宴会場のイメージも段々と具体的に決まっていくことでしょう。

次にテーマに合うカラーを決めます。

例えば「天使」をテーマに決めたなら、テーマカラーは白、もしくは薄いピンク、などというふうに決まっていきますね。

あとはメインのカラーと調和する、サブカラーを決めます。このサブカラーには新婦の好きな色を設定するなどしていけば、自分たちらしい演出になっていくでしょう。

少しですが参考になるようなキーワードを羅列してみましょう。

色のイメージが「ロマンティック」なら、羽・天使・雪といったキーワードを。

色のイメージが「エレガント」なら、リボン・シルク・バラといったキーワード。

色のイメージが「ノーブル」なら、モダン・スクエア・パールといったキーワード。

色のイメージが「ナチュラル」なら、葉っぱ・コットン・小枝といったキーワードが。

色のイメージが「クリア」なら、海・空・ガラスといったキーワード。

色のイメージが「フレッシュ」なら、フルーツ・ひまわり・新緑といったキーワードが。

全体のイメージとキーワードを決め、それにそって演出を考えていけば、調和のとれていないものにはならないでしょう。

関連記事

記事カテゴリ